WEBサービスの顧客エンゲージメント向上を支援します

ポイントに関する実態調査、消費者が好むポイントとは?ポイントを使い始めて変わったこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月11日

ポイントに関するマーケティング支援を行う株式会社VOYAGE MARKETINGでは今回、全国400名の男女にポイントに関するアンケート調査を実施致しました。以下、調査結果と考察になります。

『一年以内に貯めたことがあるポイント、使ったことがあるポイント』に関する調査

一年以内に貯めたことがあるポイント、使ったことがあるポイントの調査結果は以下の通りとなります。
 
1
 
カテゴリーの枠を超え、6割近くの人が貯めたことがある回答したのが「Tポイント」「楽天スーパーポイント」「Pontaポイント」です。特に利用率が高いTポイントですが、その利用率の高さは提携店舗の多さにあるのではないかと思われます。Tポイントの提携店舗数は現在、29万店舗以上(2014年11月末時点)となっており、2番目に提携店舗数が多いPonta加盟店2万4千万店舗(2015年11月時点)と10倍以上の差を広げています。
 
また、上記共通ポイントと同等に利用されているのが、ポイント交換サービスのポイントです。ポイント交換サービスとは、あるポイントと他の景品となる何かの中継ぎをするサービスの事です。様々なポイントサービスが乱立する中、差別化の為に利用用途を増やそうとポイント交換サービスとの連携しポイントの交換先増やす事例が増えてきたことが、ポイント交換サービスのポイントの利用率を引き上げたのではないかと考えられます。実際、弊社が運営しておりますポイント交換サービスPeXも提携サービスは年々増加しており、現在では150サービス以上の提携を行っております。

『ポイントの使い道』に関する調査

消費者のポイントの使い道に関する結果は以下の通りとなります。
 
2
 
もっとも高い割合だったのが「買い物の割引に使う」となっており、その選択率は70%を超えています。次いで「現金に交換」「他のポイントに交換」とありますが、それ以降は選択率が30%を切る状況となっています。消費者の中に「ポイント=割引」という考えが刷り込まれてきたことがわかります。ただ、続く回答率が高い選択肢が「現金に交換」となっている事に、ポイントサービスの在り方の変化を感じる結果となっています。

『使うポイントを選ぶ基準』に関する調査

様々なポイントがありポイントが当たり前になりつつある現代で、消費者が使うポイントを選ぶ基準に関する結果は以下の通りとなります。
 
3
 
上位は、「複数のサービスで貯められる」「ポイントをそのまま買い物で利用できる」「日常的にポイントが貯められる」となっています。この回答から、共通ポイントが人気な理由も見えてきます。共通ポイントは、様々な店舗やwebサービスなどでポイントを貯める事ができ、正に複数のサービスで貯められるポイントなのです。更に、共通ポイントは様々な店舗やサービスで使う事も出来るので、消費者がポイントを選ぶ基準の上位3つの理由をおさえています。

『ポイントを貯めるようになって変わったこと』に関する調査

ポイント貯める前と後で、消費者にどういった意識の変化があるのでしょうか。結果は以下の通りとなります。
 
4
 
上位の「買い物でポイントが付く方を選ぶようになった」「ポイントがきっかけで商品購入・サービスの利用を開始した」という回答から、ポイントは消費者を呼び込む手段として有効であることが言えます。また、「ポイント残高を調べる様になった」「メルマガを受信する様になった」という回答からポイントを活用することで消費者との接点を増やす事ができるとも言えます。
 
 
現在、ポイントサービスが増加している中でこれからポイントサービスを始められる場合は、消費者に自社のポイントの何に魅力を感じてもらうか、ポイントを導入する目的はなにかを明確にしたり、ポイント制度の設計、セキュリティなどを十分に考慮した上で導入をしなければ、ポイントを導入しただけで終わってしまうことも大いに考えられます。弊社、VOYAGE MARKETINGはポイント制度導入支援や、運用についてのコンサルティングサービスを行っています。ポイントサービスの構築、運用、改善などについてご検討の企業様は、お気軽にご連絡ください。

調査概要

・ポイントサービスに対する実態調査
・調査方法:アイリサーチモニターに対するアンケート調査
・有効回答数:400※以下内訳となります
 男性:53.5%、女性46.5%
 20代:9.8%、30代:23.3%、40代:37.0%、50代:30.0%
・実施期間:2015年9月18日~9月23日
 
『株式会社VOYAGE MARKETING』
ポイント交換サービスPeXの運営、ポイントサービス導入支援、ポイントモール運営支援、ポイント活用コンサルティングなどポイントサービスに関わる事業を展開しております。
 
『ポイント交換サービス PeX』
株式会社VOYAGE MARKETINGが運営するポイント交換サービスです。ポイントを便利に、各種ポイントサービス、電子マネー、商品、現金など様々な物に交換することができます。PeXのポイント流通量は毎月7億円(※流入・流出合計)が流通しております。